2009年03月17日

出戻りくん

IbanezRoadsatr2

そう、これは「彼」中1か2の頃に購入したもの。24〜5年前ですねぇ!

リアピックアップを生意気にもディマジオのスーパーディストーションに交換してた記憶・・・

その後、高3の頃に別の友人から借金の型になっておいらのところに来ました。5千円だったかな??

その後、大学時代に元の色(ガンメタ)がイヤで塗装を剥がし、このように改造されました。一見するとシブく見えますが、 色の濃い部分は木工用ニス!のウォルナット色wwwしかもマスキングも適当で裏とオモテはずれてたりします。

今回は何故こいつが再登場したのか?メインギターであるフジゲン兄弟が揃ってシングルピックアップのため、 ハム積んだ実験用ギターが欲しいなぁ、ってんでジャガーとかジャ「グ」マスターとかを物色してた流れで、 先日ウェストミンスターのなんちゃてセミアコ・レスポールモデルを入手。ハムの感じを思い出したんで、もうちょいちゃんとした奴を・・・で、 投資額ゼロのこいつを取り戻してきました。狙いはリアのPUなんですけどね、www

けど、いざ、バラしてみると・・・フロントはジャクソンのリア用www リアは・・・ クリーム色がマジックで黒に塗りつぶされてるもの・・・これ、おいらだなぁ・・・あら、リアのディマジオってのは???これか???で、 ネットで調べてみるとどうも少し取付金具の形が違う。けど、さすがに25年前と同じ形ではないかも・・・と、抵抗値を測ると、 どうもそれっぽい。う〜ん、裏にも何も記載されてないのでわかりゃんわwww

まぁ、実験してみたかったんで、FenderJのジャグマスターから取り出されたらしい、 ダンカンデザインのPUセットに交換してみる。

元は強引にギター裏から穴を開けて直接マウントしてましたが、さすがに大学時代のおいらは無茶しやがるなぁ、と反省して、 その昔落札したモッキンバードのコピーモデルからPUマウンターを取ってきて付けました。これがまたピンクに塗られていて、 このギターに宇宙一似合わない!

009〜044って中途半端なゲージの弦が転がってたんでそれを張って様子見。ネックは・・・ああ???ピックを一枚、 シム代わりに挟んでる。

こりゃだめだ、ってんでそれは撤去してネック調整。あんまりハイポジションで使われてないのですり合わせが必要かも・・・。 少しだけロッドをまわして一週間ほど経過を見ます。

で、音なんですが、普通にハムですねw良いのか悪いのかはともかく、シングルとはもう別物。 出力にしても音域にしてもこら違う楽器ですねぇ。

R兄さんの音を真似しようと思っても無茶だし、アンプセッティングも参考にならんのが良く分かりましたwww

これ、色を剥がすのは楽だから一日あれば再塗装までは可能。「彼」の好みのシースルーグリーンにしてあげてもよいが・・・ 練習がてらにwついでにすり合わせもやってみるかなぁ。。。

いつかねw



posted by Leopard_FAKE at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Ibanez RoadstarU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。