2009年04月25日

8040修理途中(分解編)

デフォの電解コンデンサは製造段階で悪評高い韓国製のものらしく、 現段階では液漏れが見受けられないものでも今後が不安になってきたので、総交換と相成りまして、買出し前に除去作業を3個分追加。

8240さらに分解008 8240さらに分解009

それはまぁ、簡単なんですが、その際によく回路図と基板を見比べてみると・・・

8240さらに分解001

8240さらに分解002

C19ってコンデンサのはずなんですが・・・おもいっきり抵抗が取り付けられてますよねw?

怖くなったので基板を総チェック。

8240さらに分解003 8240さらに分解004 8240さらに分解005 8240さらに分解006 8240さらに分解007  8240さらに分解010 8240さらに分解011

イギリス人て・・・英語苦手なんか〜?

どないやねんまったく・・・一箇所とかなら回路図に合わせるけど。こんだけ狂ってるとなんだか訳分からんわー。放置決定!!

最後の二枚には別タイプの電解コンデンサが!

 

さらにリバーブの写真も追加。

8240さらに分解012 8240さらに分解013 8240さらに分解017

男らしい配線です。ひょろい線材です・・・

 

8240さらに分解018

今回、交換を見送ってるのはこのタイプの電解コンデンサです。問題きりわけのために今回はパス。

 

8240さらに分解019

まぁ、こんな感じで作業しているわけですわ。



posted by Leopard_FAKE at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Marshall VS-8040 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

8040修理開始(分解編)

いやね、IbanezのValbeeは気に入ってるんですが、せっかくMarshall持ってるのにねぇ、ってなわけで修理(メンテ) しようかな、と。

 

@ゲロ吐きまくってクサナギ状態の電解コンデンサを新品に交換。

8040修理開始(分解編)005

部品撤去の際も接着剤として大活躍!

8040修理開始(分解編)006

根こそぎ除去ですよ!

C31:16V  1000μF 

C32:16V  1000μF 

C44:450V 10μF

C45:350V 33μF

C50:35V  2200μF

C53:35V  2200μF

一箇所で揃うかなぁ???

8040修理開始(分解編)008

8040修理開始(分解編)009

8040修理開始(分解編)007

AドライブチャンネルのPOT総交換。

REV:22KB

VOL:100KB

TRE:220KB

BAS:1MA

CON:22KB

GAI:1MA

サイズ見てAlpha社以外のものも検討。

 

BSPケーブルを貧弱なデフォからベルデンの蛇に交換。(入手済み)

8040修理開始(分解編)002

CクッリピングLEDをソケット化。これはひょっとしたら切り替えできるように変更するかも。

クリッピング候補たち(在庫品)

1N34A 1N414 1N60 1N914

1S1588 1S2473 1SS133

RL202TPもいけるかな?

8040修理開始(分解編)010

8040修理開始(分解編)003

8040修理開始(分解編)004

POTも取り外しました。写真忘れた^^;

 

posted by Leopard_FAKE at 06:59| Comment(1) | TrackBack(0) | Marshall VS-8040 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

コンセント・メモ

コンセント001

うちの冷蔵庫&洗濯機のコンセント

下に見えるのがアース接続端子

コンセント002

で、この手の電源ケーブルだったら簡単

 

コンセント003

よくみればわかると思うんですが、コンセントの左側の穴の方が長いですよね?

長い方がアース」 です

テストに出ます

検電ドライバーでホットとコールドを調べてからの方がいいかも。いい加減な施工工事だと逆だったり・・・・

でしたw

 

 

posted by Leopard_FAKE at 06:23| Comment(2) | TrackBack(0) | Marshall VS-8040 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

入力ジャック修理

中のバネの締め付けが弱くなって接触も悪くなる一方なんで交換しようとしたんですが・・・

日本橋デジットにはそうそう都合よくMarshall用のCliffのジャックがあるわけもなく、 ギャレさんに200円もしないで存在してるのは分かってるものの、発注するのは送料のこともあってある程度溜まってからを心がけているので (=貧乏)、使用頻度の低そうなジャックとローテーションですwww

そう、ノリはタイヤと同じですねw

Marshallジャックローテーション001

もうね、「一日一半田」っすよw

「日々是半田」ってのもいいかもw

こいつが問題のInputジャックです。

Marshallジャックローテーション002

4接点、PCB端子タイプですわ。普通にモノだったら2接点だけでいいはずなんでスイッチつきなんでしょうねぇ・・・?

Marshallジャックローテーション003

よ〜く目を凝らせば{CLIFF 4」の記載が確認できます。

Marshallジャックローテーション004

Inputジャック。右側の接点が少し浮いてます。ラジオペンチで押し込んでもこの状態。金属ですからねぇ。

 

Marshallジャックローテーション005

で、入れ替え対象のLineoutジャック。ほとんど未使用のまま経年劣化してるっぽいですが、こっちのほうは接点の浮きは全く無し。 期待できます。

で、さくっと半田付けして確認したらバッチリでしたよ!

気になるってか不思議なのは、Lineoutジャックのほうには「CLIFF 7」っていう記載。

なんだろ、それ?4と7の違いは???

気にせずw

まぁ、普通、ギターアンプのジャックなんて消耗品ですから新品キープしておこうかな。

あと、真空管の交換も考えましたが、よくわからんようになりそうなんで今回もパス。

ちなみにプラシーボじゃないと思うんですが、ギターの音に少し芯が感じられるようになったような気がします。 入力部はそりゃビビットに影響するでしょうねぇ。今までは「かろうじて接触してた」ような状態でしょうからwww

よい感じになってきました☆

posted by Leopard_FAKE at 06:30| Comment(1) | TrackBack(0) | Marshall VS-8040 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

回路全体像

8040_01_014

8040_01_015

8040_01_017

でしたw これぞ備忘録www

posted by Leopard_FAKE at 06:17| Comment(1) | TrackBack(0) | Marshall VS-8040 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入力ジャック・バウワー

8040_01_008

8040_01_009

8040_01_010

基板直付け用のPCB端子じゃないと取り付け困難っぽいね。間違えないように発注しないと。

posted by Leopard_FAKE at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Marshall VS-8040 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電解ゲロロ

8040_01_005

8040_01_006

8040_01_007

・・・6本全て吐いてましたwww

posted by Leopard_FAKE at 06:13| Comment(1) | TrackBack(0) | Marshall VS-8040 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポットメモ

全て右からの表記

8040_01_001

クリーンのGAIN,BASS

 

8040_01_002

クリーンのMIDDLE,TREBLE

 

8040_01_011

ドライブのGAIN、コンツァ

 

8040_01_003

ドライブチャンネルのコンツア、Bass,トレ

 

8040_01_013

ドライブのBASS、Treble

 

8040_01_012

ドライブのVOL,リバーブ

 

交換用のメモでしたw

【追記】

Normal Channel         Boost Channel

Gain      100KA              Gain          1MA

Bass         1MA             Contour     22KB

Middle      22KB             Bass           1MB

Treble     220KB            Treable     220KB

                                  Volume      100KB

                                   Reverb       22KB

まとめ

100KA*1  1MA*2 

22KB*3   100KB*1   220KB*2  1MB*1

Bタイプ、どこに売ってるだろ・・・

まぁ、アルファ社じゃなくてもいいからさ。

 

posted by Leopard_FAKE at 06:10| Comment(1) | TrackBack(0) | Marshall VS-8040 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

一世一代!漢のアンプw

買っちゃいましたね、Marshall!

91年くらいに製造されてたVSシリーズ第一世代。プリ部にECC83(12AX7)が使用されたハイブリッド・アンプ。 その後はVS65Rとか、さらにAVTシリーズにつながっていくのかな。どうもこの第一世代の評判がよいらしいので、何としても、 と狙いだして数週間。

以前、FenderSV−20CEの購入の際にも候補には挙がってたんですが、 あのときにはFenderのMODされたアンプが非常に魅力的でw

R兄さんの音が目標ですから同じ8240ってのもアリなんですが、出品数が極めて少ないのと下手すりゃ3万超えたりするので却下wで、 兄弟船とあいなりました。

例のごとくヤフオクにて、ジャンク品を目ざとく見つけて送料込みで14,000円ほど。出品者からの情報では

@クリーンチャンネルはOK

AドライブチャンネルのGAINが効かない

B全体的にポットにガリが大きい

これだけでしたが、R兄さんと相談の結果、我々ならこれくらいは対処できるだろう、との希望的観測にて入札開始。

途中、あからさまに業者と競合したものの、なんとか落札。動作品が18,000円で出品されていたのと、前週に10, 500円で電源ジャンク品が落札されていたのも踏まえての最終金額でしたw

二日後には手元に来ました。Marshall8040_001

どーん

Marshall8040_002

職場に送ってもらったんで、車で自宅まで運びますよ。けど、ちょびっと雨模様。気にしないw

 

Marshall8040_003

思えばGuitarRigで十分満足してたなぁ。今ではアンプでパッチワークが可能ですw

Marshall8040_004

チャンネル切り替えスイッチ、ライン長すぎ!切っちゃおうかな・・・それとも自作してしまうか・・・コード束ねてキャビネットの裏に・ ・・あ、ジャックが表側だよ^^; ってなわけで裏側にジャックのあるFenderに使うかなwww

あ、切り替えはちゃんとできました。

ツマミのうち三つがゴールドトップが欠損。

その他、見かけ上の問題は無いっすね。

(パネルの一部に赤マジックでメモリ設定の印がありましたが、除光液でほとんど消し去りました)

Marshall8040_005

ヤマハが輸入してますね。

Marshall8040_006

この120Vのシールの下には何が隠されているの?? そもそもこいつは120V仕様?それとも100V? 120Vで使ったほうがよいのならそうするけどさ・・・

ファーストインプレッション・・・ほとんど鳴らない・・・をいをい、クリーンチャンネルすらほとんど鳴らないぞ!?  けど恐々フルテンにしたらしょぼーく聞こえてくる。こりゃぁ、ポットだな。ドライブチャンネルも同じような感じ。入力ジャックもやばめ。

そうと分かれば冷や汗は2秒だけ。バラす!

Marshall8040_007

ポット固定のナットが10個中5個しかない?修理されたかいじられたのか??

Marshall8040_008

一抹の不安・・・

Marshall8040_009

真空管が中に入ってるんで、交換は面倒ね。Fenderはスピーカーの上にはみ出てるからバラす必要が無い。

Marshall8040_010

どノーマルですね、配線も。

Marshall8040_011

Fenderもこいつもセレッション。初12”です。

 

Marshall8040_012

Marshall8040_013

メンテされてないっぽいぞ。

Marshall8040_014

左側。入力ジャックはクリフのスイッチつきで交換OKかしら?

Marshall8040_015

真空管の左にクリッピングっぽい対称ダイオードが2本。

Marshall8040_016

基板はきれいなもんですわ。

Marshall8040_017

・・・電解コンデンサがゲロってます!

この時点では気づいてませんでした。ほっとボンドで固定されているようにも見えますねw>>>>>積極的に無視!

接点洗浄剤、綿棒、接点復活剤、あとはひたすらグリグリしまくり!ポットによってかなり硬さ(重さ)が異なります。こら、 鳴ったとしても近い将来には交換対象ですねぇ^^;

さぁ、そろそろ試してみたいが、キャビネットに入れなおして、もしも再度清掃とかになるとゲンナリなので、仮に音出しをしてみたい。

 

Marshall8040_018

こいつのスピーカーなら簡単にアクセスできる。え、インピーダンス?知らんw 無視。

 

Marshall8040_019 Marshall8040_020

こんな感じでセッティング。どうしてアンプってゆとりの無い設計なんでしょ?かろうじてスピーカーと接続できました。

おお!鳴りましたよ!!クリーンもドライブも!しかもGAINツマミもちゃんと効きます!

やってね☆ 追加費用ゼロで復旧。ってことは安値で入手できたってことだw オクの醍醐味ですねぇw さすがに8, 000円台は達成できませんでしたが・・・

せっかくなんで中身探検。

Marshall8040_022

青色に換えたいなぁ。けど、基板用LEDって?

 

Marshall8040_023

方向わからんな。ま、おいおい、ね。

Marshall8040_024

あんまり評判よくないみたいですね、これ。近いうちに音屋にGrooveTubeを二種類発注しますわ。ハイゲインらしいので期待。

2009年にもなって同じ企画で欧米で呼び名が違うってのもあほな話よね>ECC83&12AX7

 

Marshall8040_025

Marshall8040_027

Marshall8040_028

Marshall8040_029

Marshall8040_030

接写がんばってみましたw やるじゃん、シャープの携帯☆

 

Marshall8040_031

再組み込み、仕上げ。ツマミ、ギザギザ差込タイプがネットでも見当たらない。一軒だけそれっぽいのがあったけど・・・ ネジ式なら安く入手できますわ。

 

Marshall8040_032

光り輝く復活の8040!

Marshall8040_033

ドライブチャンネルはちゃんとしたツマミでそろえなおしました。

 

Marshall8040_034

ちなみにこのボリュームゼロ状態でゲインを上げていくと、 夜中に弾けるレベルの都合の良い音量が確保できますwww ボリュームのポットは交換できないかもwww

音は、ガバナーw いや、こっちが本家かwガバナーは88年だから・・・こっちのほうが後。 ガバナー売っちゃったから今さら比較はできませんが、そのうちコピー作ろうかしらw

現状、入力ジャックはまだやばめ、ってか、かなりゆるい感じがするので不安。ここは近いうちに交換しないと。 LineOutのジャックと入れ替えてもいいんですけどね、どうせ使わないし。

@スピーカーケーブルをベルデンの蛇に

250円/メートル(ギャレ)

Aツマミをそろえてあげる

ネジ式で妥協かなぁ・・・純正280円(ギャレ)

Bジャック交換

1/4インチ フォン
モノラル
 スイッチ付き 
プラスチックナット

クリフの「スイッチつき」って・・・SW必要なの?調査が必要。バラさないと分からないかも・・・200円(ギャレ)

C真空管の交換 

候補その1 GT-12AX7-R3 2300円 (音屋)

候補その2 GT-ECC83S 2300円 (音屋)

Fenderのやつと入れ替えたり、エレハモのやつなんかは手元にある。

MODはどうしましょうかね。まだ見えてこないですわ。@BCは同時にやっちゃわないと面倒だなぁ・・・

これでまぁ、マーシャルサウンドが手に入ったし、心置きなくFenderのクリッピングMODしますかねw

・・・練習しろやw

今回は強気なオクで大成功でした、まる。

(R兄さんの言う大人の趣味=泥沼からは、もう抜けられませんねw これからもよろしく&ありがとう^^)

posted by Leopard_FAKE at 00:58| Comment(2) | TrackBack(0) | Marshall VS-8040 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。