2010年08月06日

まだまだPU交換

ここ二週間で何度弦交換をしてるんだろ?Gotohのマグナムロックじゃなきゃ萎えてるね。

旧)

江戸ST  フロント SSL-1

       センター SSL-1

     リア   アンチクSurfブリッジ

フジゲン フロント アンチクTexネック

     センター フジゲンV62だっけな?

     リア   SSL-3

          ↓

新)

江戸ST  フロント SSL-1

     センター SSL-1

     リア   未定(SSL-3に戻す?)

フジゲン フロント アンチクTexネック

     センター SSL-1

     リア   アンチクSurfブリッジ

2010年8月6日_00.jpg2010年8月6日_01.jpg

2010年8月6日_02.jpg2010年8月6日_03.jpg

換装前の写真ですね。あんまり撮っても意味が無いや^^;

あ、前回すでにフジゲンの方はキャビティアース線以外は全てクロス撚線に交換済み。

江戸の方もアウトプットラインをクロス撚線にしてたな。

そんなに時間もかけれないので、とりあえずはフジゲン白ストラトだけセッティング。

ここ何日かはFenderアンプではなくMarshall8040で鳴らしてます。ドライブチャンネルでGAINを上げずにクリーンセッティング。

いや・・・なかなかええね!

音源はまた後日。(アンプ録音よりはPodFarm2かAmpliTube3で録音したほうが良いだろうね^^;)



posted by Leopard_FAKE at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Fujigen_FGN_Strat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

PU調整とか

2010年8月2日_52.JPG

これは長年の疑問だったことなんですが、ビンテージを意識したシングルPUってどうして3弦のポールピースが出てるの?誰も3弦に巻弦なんて使ってないよ??

ってなわけで叩いて引っ込めましたw

2010年8月2日_53.JPG

さすがにアンチクとかSSL−1でやるのは躊躇したんで、フジゲンに搭載されてる高域が痛いデフォPUにて実験中。

予想通り3弦だけいきなり音量が上がるのは回避でき、1〜2弦との差も気にならなくなった。

ディマジオなんかのバーチャルビンテージなんかはそのへんも考えてるみたいです。

さっき見たらフジゲンも現行の「FGN」シリーズでは高さ変更してるみたい。なんでもかんでもビンテージっていうのもねぇ。

見かけビンテージで中身は近代風のストラトが好きです^^ チョーキングしたら音が詰まるとか意味不明。

posted by Leopard_FAKE at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Fujigen_FGN_Strat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

ToneCut&PUブレンダー

この本見て真似っ子しました。

@まずはToneコントロールのカット。半田されてるのを外すだけ。数分。

Aあまった二つのポットのうち下側の方を利用してフロント(リア)PUのブレンダーツマミに転用。

3つのPUを同時使用できるわけですが、切り替えSWと違うのは、そのブレンド具合がコントロールできます。

A)フロント(+リア可変)

B)フロント・センターのハーフトーン(+リア可変)

C)センターのみ

D)センター+リアのハーフトーン(+フロント可変)

E)リア(+フロント可変)

ポイントはフロント+リアが可能ってところですかね。

弾いてみないと有効性はわかりませんがー。

STブレンダー001

2本のリード線が必要になるのでエフェクター用のベルデン8504を半田揚げ加工。

 

STブレンダー002

左が元はフロントPUのTone。これをブレンダーに転用。真ん中のセンターPUトーンは今回はダミーになっちゃいます。あ、 アースラインの経由地ですかw

上側がリアPU、下側がフロントPU側です。

 

STブレンダー003

セレクターに繋ぎました。真ん中のポットが寂しそうです^^;

 

STブレンダー004

右側からリア、センター、フロント各PUに繋がるラインです。この辺はセレクターSWによって微妙に異なるところですが、 PUからたどっていけば普通にわかるでしょう。

部品があればついでにVolポットを加工してスムーステーパーボリュームにしたかったんですが・・・ そんなに都合のよいコンデンサと抵抗が無くて。(250Kポットに対して、 ちょい小さ目の240K抵抗と220〜330pのコンデンサが必要)

これが実現すればAカーブのポットが聴感上も操作感上もとてもスムースにあがってくれるらしい。実際、 これをポットに半田付けして販売しているところもある。

ストラトは一度弦を張ってしまうと調整のためにピックガードを外すのが面倒になっちゃうので、 この際一気にやっちゃいたいところですが・・・。

ちと迷い中^^;

posted by Leopard_FAKE at 10:54| Comment(2) | TrackBack(0) | Fujigen_FGN_Strat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衝撃の事実発覚!

で、トーン切っちゃえ!ってなわけでさくさくと分解を始め、ピックガードを裏返した瞬間、テレでおなじみの風景が!!

ST内部(1)001

黒い!ドータイドか!?

 

ST内部(1)002

あ、しっかりねじ止めされてる。

これで終わりませんよ、兄さん。

 

ST内部(1)003

写真ではわかりづらいかもしれませんが、PU裏までノイズ処理されてますよ!!こういう方法があるのは知ってましたが、 まさかツルシのギターのデフォでこんなにまで丁寧に!!!

ヒデキ感激!

ST内部(1)005

当然のようにピックガード裏は全面アルミ張り。

 

 

ST内部(1)004

ここはまぁ、いたって普通。

 

では、作業再開。

 

posted by Leopard_FAKE at 09:07| Comment(2) | TrackBack(0) | Fujigen_FGN_Strat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

フジゲン・ストラト001

6弦のごりっとした感じがほしくて010〜046に変更しようと思いましたが・・・ちと考えます。 009〜042でこの音が出るのならば・・・010〜046なら・・・でもテレで弾いた感じ、やっぱり・・・迷う。 Kyserがとりわけ素晴らしい!とはまだ思いませんので・・・。今ならまだ引き返せますw

PUに関しては調整前まではフロントだけなんか濁るので交換かしら?トーンのコンデンサのせい?とか、色々考えましたが、 イモねじで4分の1回転もしないで突き抜けるようになり、さらにPUの高さをいったん低くして、 フロントおよびリアを少しだけ上げただけで程よいバランス、そしてフロントの抜けの悪さまで解消されました。恐るべし、 ギターメインテナンス!!


このページものすごくためになります。ってか先日、日本橋の共立で購入した本のWEB版ですわwww何たる偶然! しかもWEBも別件でぐぐって偶然にたどり着いたところなんですわ。

現在は面倒なんで開放弦と19フレットで(12フレットではなく)オクターブ調整(ブリッジ調整)しておりますが、 カポを使った調整も試してみたいと思います。

コード一発でここまで突き抜けると・・・例えるならおかず無しの白飯だけでどんぶり5杯! でしょうかねw もうこれならどんなおかずでも大丈夫ですよ。

同じフジゲン製造でも、島村楽器のCoolz用とは気合が違うのか、それともたまたまこのストラトが大当たりなのか??・・・ 謎は深まるばかり。

で、Variaxのストラト・エミュと比べてみると・・・ごめん、これはアコースティック&12弦用のギターでしたねw  (テレキャス・ノーマルのエミュでもありますがw)

posted by Leopard_FAKE at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Fujigen_FGN_Strat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストラトやばいっす!!!!!

以下、出品者への商品受領の連絡より。

「昨夜、商品を受け取りまして、仕事の後、先ほどまで夢中で弾き続けました!

チューニングしただけで生音を聴く限りたいした特徴も感じなかったです。 夜中ですのでPC上でGuitarRig3を通して弾くと6弦がビビる??少しだけ弦高アップ。弾き心地は変わらずOK。1弦・ 2弦は余裕があるように感じたので少し下げる。OK。どちらも一音半のチョーキングではツマリ無し。

フロントPUがこもりがち。そんなはずはなかろう、と、PUの高さ調整。3つともまずピックガードすれすれまで下げて、 そこから少しだけリアとフロントを上げると、来ました!これぞストラト!!っていう理想の音が!

ここで各弦のバランスが少し悪いので、サドルの調整ねじをそれぞれ平行になるように微調整すると、 別の楽器の音のようにスコーンと突き抜けました!

ここまで来てハタと気づいたことが…。ピックガードのクリアシールを剥がしてしまうとどうなるんでしょう? 普通に考えたらもっと抜けがよくなるはずですが、バランスを崩してしまったら…。しかも弦を交換してませんよ!これって1年前の弦ですか? まさか??009〜042だとおっしゃってましたが、ここで010〜046に換えたらネックが安定するまでに数日… これはライブ前にゲージ変更は危険ですね。元々は当方も009〜042ですのでなんら違和感はないので(むしろやっぱり弾き易い)、 とりあえず手持ちのアーニーに張り替える予定です。同じゲージでもメーカーを変えると少しネックが動く危険もあるのですが。

サブのつもりが一気にメインギターに昇格です。自分が今まで所有してきたギターの中で最強です!もう返しませんよ!!いや、 本当に気に入りました。最高です。テンション上がりっぱなしで…気づけばもう朝です…。

オークションで実際に手にすることも無くここまで気に入ったものが入手できるとは思いもしませんでした。 仕事でのむしゃくしゃしたことも吹っ飛んでしまいましたよ。しかもこれ、定価6万8千円で市販されてるんですよね。恐るべしフジゲン。 当方には本家Fenderよりもしっくりきます。

すいません、現在出品されているFenderJの限定品、興味が沸きません。これからおそらく長い間、 このギターを大切に弾き込んでいきたいと思います。

興奮して長文になってしまいました。最後に改めて最大級の感謝を込めてお礼を申し上げます。 このたびはまことにありがとうございました!!

 

*代金、ちゃんと入金されてましたでしょうか?当方の口座からはとっくに出金されていますが、 ゆうちょ銀行宛の簡単決済では通常の銀行よりも2〜3営業日、ずれがあるみたいです。 出品の際にはこれも明記しておくのもひとつの手だと思います。今回は特別に便宜を図っていただき、ありがとうございました。 非常に助かりました。

読み返すと…いい歳して興奮した人間丸出しですが、素直な気持ちをお伝えしておきます。それでは。」

 

いや、もうマジで!冗談抜き!!特にサドルのねじの2本のバランスが取れた瞬間の衝撃!

えー、初めてストラト触りましたw 今までのギターはすべて冗談です。長い前フリでしたわwww

posted by Leopard_FAKE at 06:33| Comment(1) | TrackBack(0) | Fujigen_FGN_Strat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。