2009年03月17日

着替え完了@

NewZenDrive

シール貼りました。

まぁ、かわいく出来たかな^^

怖かったのは、組み込みなおしたら音が出なくなったりとかってのが・・・無事音は出ました。

ようやくツマミの役割が分かりましたwww

野生の勘は鈍い方なんで理屈で考えます☆



posted by Leopard_FAKE at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ZenDrive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

設定煮込み定食

R兄さんに突っ込みを受けたおかげでアンプの調整も終わり、安心してZenDriveのセッティングだ〜!と息巻いたものの、 結局一晩かかりました。

まずはZenDriveをつながないで軽いクランチ状態にするんですが、 その際にはTone関係をほとんどいじらずにGainとVolで詰めていきました。

当然、Gainは0〜3くらいの間で行ったり来たり。しかし、その相方のVolがなかなか決まりません。 5くらいまで上げてGainを下げ目にすると艶のあるトーンが表現できるんですが、反比例してクランチ状態にならない・・・ ただのクリーンですわ。それだとドライブチャンネルの立場がないので試行錯誤。

ここで苦労する原因は夜中にアンプを鳴らすもんだからw、音量を上げれないこと。これにつきます。音量上げてよいなら、 こんな苦労はしませんわwww

投げ出して、「GuitarRig最高!」っていうのもシャクなのでがんばり続けました。

アンプ設定001

LED邪魔だ^^;

 

アンプ設定002

以前だとTrebleうぁ全開!のみだったんですが、 ローパスコンデンサを取り除いたおかげでハイが出るようになったんでこのような設定が可能になりました。Contuorは・・・ 6〜8までしか好きじゃないです。それ以外だと変なコモリが感じられます。ってかこのツマミ、なんか可変帯域がイメージしにくいっす。

で、以上のアンプ設定に併せてZenDriveを設定していくとこんな感じになりました。

アンプ設定003

Gain−Voice−Tone−Level です。

これも以前はVoice10、Tone10これしか無理!だったんですが、 アンプが落ち着いたおかげで全開走行以外にも幅が出せるようになりました。

ストラトのボリュームでクリーンからドライブサウンドまでコントロールできるようになり、現状、満足しております。

あ、そうそう、ZenDriveの方もコンデンサと抵抗を3箇所いじりました。 ハイが沢山出たらOKっていうアバウトな判断基準ですw

ギャレットさんから部品も届いたんでそろそろDODとかFatBoost40Vに行こうかな、ともおもいつつ、 このZenDriveのケース入れ替えも・・・

テレはトーン切ったんで問題ないのですが、ストラトはデフォのままなんで・・・ちと、いじろう。

 

posted by Leopard_FAKE at 08:38| Comment(3) | TrackBack(0) | ZenDrive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

リベンジ!ZenDrive!(3)

さてさて1月4日、仕事始めです。が、いきなり昼間に4時間ほどの空き時間がー。

さっそく自宅に戻って作業再開ですよ。何の?いや、何、日曜日とはいえ三が日も明けたことですし、ましてや昼間! ドリル三昧ですよw

で、ちびこいケースがあるんですよ。何のために買ったって・・・ZenDriveのためだったはずなんですが、 あまりの小ささにめげて、別のケースをシリコンハウスで入手。

あまった形のちびこいケースは・・・ケース加工実験体として、R兄さん謹製のFuzzFactory!

で、まぁ、部品との兼ね合いをチェックですよ。

1月3日〜4日022

細かいことは気にせず、うん、いけるx2。

マスキングテープ代わりに包帯とかシンガードをとめる紙テープを貼り付けてガイドとして穴あけ開始GO!

1月3日〜4日023

ん?

右端のポッドの穴、ずれてない??穴あけポンチ君は?持ってない?どうやったの?え、釘でカツンといわしたった??それが悪かったの? え??え???

 

 

途中、ドリルを左回転させて数十秒気づかず・・・変な擦り傷がついて、その後、右回転で空け始めたとたん、あらぬ方向へ全力疾走!

ま、ええし。

 

1月3日〜4日024

リーマ、しんどいわ。やっぱ、作業用手袋を最初からしとけばよかった。素手とは違って力も入りやすいですしねー。

ACアダプタ用のジャックは内側から取り付けられる大きいほう。これは小さいほうを導入すべきであった。失敗。・・・ まだまだ在庫が残ってるからしばらくはコイツで^^;

 

で、そそくさと箱詰めですよ。

 

1月3日〜4日025

・・・ここまで詰め込むのに10分。

 

1月3日〜4日026

きれいに収まってるかのようにも見えますが。もじゃもじゃたいへ〜ん。アフロ!(陰毛)

 

1月3日〜4日027

ふ、蓋が閉まらんがな!

 

で、基板の端っこをラジオペンチでガスガス割っていって小型化。一部、半田面までコンニチワ。

 

で、まぁ、なんとか押し込んで動作確認。

・・・動かん。もちろん立って走り出すとか、ドリフト決めてくれるわけもないんですが、バイパスしても鳴らんのはこれいかに?

なんかインプットジャックに内部配線が手を出してるっぽいので、再配置。

リベンジ!鳴った!で、つまみがどうも重い。無理やりまわすと、変な感触。具体的にはToneポッドが一部回りづらい箇所が。 しかもそこにきたら音も消える。サヨウナラ。

つまみの取り付け方がまずかったみたいで、変な負担をかけたみたいでオジャン。

交換かよ・・・Bの50Kね、はいよ。魔法の箱から何事もなかったかのように取り出して交換。

ん?タッパーケースの穴あけに半田ごてを使うと後々ひどい目に遭うぞ!とR兄さんから教わったのは時すでに遅し!!! 半田付けできな〜〜〜い!!!たった二箇所なのに〜〜〜!

線材を無理やり加熱して吸い込ませるように半田付け完了までに2〜3分。やれやれ。

シャキーン!復活☆

 

1月3日〜4日028

1月3日〜4日031

つまみは世界経済の逆を行くかのように右肩上がりバンザ〜イ!LEDもシュレシュレ〜〜〜。

 

1月3日〜4日029

・・・存在感たっぷりのACジャック(バウワー)。

 

1月3日〜4日030

うんうん、いいねぇ、その角度!

 

てなわけでZenDriveも70%完成。

 

残り30%は?・・・外装ですよ、ガ・イ・ソ・ウ!

ようやくMD5000iの出番っすよ・・・多分。

 

このつまみ、反射して見難い上に肝心の目盛りが目立たない・・・がっくし^^;

・・・

・・・

・・・

・・・

 

 

え、?FuzzFactory入れるんじゃなかったっけ?

 

・・・つまみが5つもあるとは・・・

 

えへ^^;

で、急遽、ZenDriveを横型配置にしたのが全ての諸悪の根源。 テキトーにもほどがあるわなwwってなわけでタイトルに偽りなしwww

 

posted by Leopard_FAKE at 04:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ZenDrive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リベンジ!ZenDrive!(2)

いやはや、やり始めると時の経つのも忘れて集中しちゃいますねぇ。

0時スタートで音が出たのが6時過ぎ。一度では鳴らず^^; LEDが点いたときは、よっしゃ成功!しかも一発!って思いましたが、 肝心の音が聞こえてきませんでしたよー。

半田面を数箇所押してみたら反応が変わるところが。アンプからはかすかな音が弦を弾く度に。なんだかいい線いってるみたいだけど、 だめ。半田ブリッジしてそうなところを吸い取り線できれいに除去してから再半田。

お、鳴った!と思ったら消えた。消えたと思ったらまた鳴り出した!来たよ来たよ!もうちょいだねぇ。 抑えてみて反応のあったところを再々半田。

来た!ギュイ〜〜ン!

ママー、裸じゃイヤ〜〜〜(皆で海苔を巻こうよ、うん、おいしいや、大島屋海苔〜♪)

さすがにダイキャストケースにドリルはできんだろー、ってんで、手近にあった味付け海苔を入れていたタッパーにボルトオン!

年末年始017

・・・なんかしっくりきてるよw

 

年末年始018

・・・LEDにつなぐ抵抗、なんとなく10Kにしちゃったら眩しいのなんの!!しかもLEDケース(?) が銀色でさらに反射ピカーッ☆(1Kだたかもしれん、てきとー)

で、R兄さんからアドバイスしてもらって朝の8時前からアンプスイッチO〜〜N!

わからん・・・簡単には使いこなせそうにない。

VoiceつまみとToneつまみが妙な連動。いや、アンプそのもののひずみを抑えるとバイパスしても高域が出ないってことを発見! あれ?今までほぼ毎日弾いてきたのに??ひょっとしてドライブチャンネルはGAINを上げてナンボなんか?? クリーンチャンネルだとよい感じだぞ??

果てしなきたびが始まる・・・(続く)

(追記)

つまみは左から

「Gain」「Voice」「Tone」「Level」です。

posted by Leopard_FAKE at 03:28| Comment(3) | TrackBack(0) | ZenDrive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リベンジ!ZenDrive!(1)

@手配線挑戦!しかし、部品側からのレイアウトを半田面からと勘違いし、撃沈。

A手書きレジスト〜エッチング基板作成も、いい加減な作成により、ICソケットすらまともに刺さらず、二連敗。

今シーズン、スクデット獲得が厳命されている我ACミランのように開幕二連敗ですよ!!!

そこからミラン快進撃!と、同じように三度目にチャレンジGO!!

年末年始015

まずは部品取り付け面からトレース。

 

年末年始016

かちこくなったオイラは裏面からのトレースのために反転印刷を覚えた!

この作業も含めて6時間・・・

もうやだよ〜〜〜(続く)

お風呂が沸いたのでw

 

posted by Leopard_FAKE at 02:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ZenDrive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

ZEN〜手書き基板(実は二枚目w)

なんかさぁ・・・昔よりもさらに作業に丁寧さが無いですね。結果が分かってる作業ってんで、はっきり言って甘く見てますわ^^;

せっかく買ったドリルスタンド、ドリル「置き」にしか使ってへんし。

実は数日前に一回同じ作業やったんですが、「もうこのへんでよかんべ」 って適当にエッチング液から引き上げてスチールウールで水洗いしたら・・・「全然、銅が溶けてない!!」で、 失敗作も同時にアップしますw

 エッチング作業_01

サンハヤトのエッチング液(780円)とタッパ、大小。小はエッチング液を入れて、大はそれを温める(湯せん)用のお湯を入れて、と。

エッチング作業_02

こいつは失敗した1枚目。穴あけして青のマッキーでパターン記入して、切り取り作業。

エッチング作業_03

エッチング作業_04

二枚目は切り取ってから穴あけしましたw

エッチング作業_08

エッチング作業_09 エッチング作業_10

二枚目は青のマッキーではなくローソン100で購入した謎のマジックwww いけるんかいな??エッチング作業_13

エッチング液が十分温まったかどうかも確認せずに突入!

エッチング作業_14

これは投入直後。

・・・

・・・

エッチング作業_15

すんません、引き上げた直後は一気に流しでスチールウールにてマジックを剥がしたんで、引き上げた画像撮影忘れてました^^;

真ん中が反転したパターン図。左が二枚目。右が失敗した一枚目。1枚目も成功してるように見えちゃうかも。

エッチング作業_16

あー、もうこれは二枚目のパターン修正後、ですね。 くっついてそうな銅を彫刻刀でガリガリ削って白くなってるところが確認できますね^^;

エッチング作業_17

かっちょわるいアップ(ボケ気味)

エッチング作業_18

上が一枚目。いけてるように見えるなぁ^^;

 

エッチング作業_19

これ、パターンとパターンの間、銅が「薄く」なってるだけで、溶けてないんす><ノ

 

エッチング作業_20

成功したらこれくらいくっきりと^^v

 

反省:パターンを丁寧に書かないと全てがおじゃん&修正大変(ってほどでもないけど不細工)

反省:コンタクトは2ヶ月連続使用だと、確実に見えてないwww

真剣に手配線練習する方が良いような気がしてきたよ^^;

WEBでアップされてるのって、線が細かいわ。先生のやつは手書きを基準にしてるような気がする。世間は手書きよりも「手配線」 または「感光基板」なのかなぁ・・・

次回は感光基板にも挑戦してみたいかも。

で、おいらは何をしてるんでしたっけw?

 

posted by Leopard_FAKE at 03:49| Comment(2) | TrackBack(0) | ZenDrive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

ZEN失敗&ケーブル作成書置き

SBSH0001SBSH0002

この時点で裏返しwwww

 

SBSH0006

SBSH0007 SBSH0008

まぁ、工夫して道具作って半田よw

 

SBSH0005

おまけ写真w

 

posted by Leopard_FAKE at 06:25| Comment(1) | TrackBack(0) | ZenDrive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

自作への険しい道のり(Zen頓挫編)

えーあー、自作エフェクト界の常識をまったく分かってないa-youです。

なぜゆえ、基板のレイアウト図は部品側からなのか?PointToPointが主流なのか?どうして小さな箱に入れたがるのか?

100年かかっても理解は不可能なんで、つまめるところだけつまみ食い、かなw

まぁ、ブログってのは元々自分のための日記・備忘録からスタートしていて、 それが普通にHTML駆使してホームページ作るのに比べたらまぁ便利なんで(おそらく個人レベルでは何百倍も)、 そこに記載されてることにケチつけても仕方ないし、世間の流れなんてそんなもんで・・・あぁ、こんな趣味の世界でもそうなんだなぁ、 と諦めたw

と、未練と愚痴たらたらでスタートしたエフェクターの自作ですがw、いきなり頓挫。検証する気も起こりませんが、まず、 トゥルーバイパス位はきちんと理解しておきたい!

9つの端子のあるSW・・・これって2回路3接点のON-ONとして考えればいいのか。

エフェクトOFFのときの結線をたどっていくと・・・おお!たしかに基板上のグランドを経由してはいるが、まぁ、 何も挟まずにバイパスしているように感じます。けどまぁ、「True」ってほど素晴らしいものかな???

そのへんもあって、つぎはプレミアム・バイパス?なるものもあるらしいが・・・それほど価値が見出せないのでパスw

そんなにエフェクトOFF時のバッファとかって醜いのかしら?音痩せが激しいんでしょうか?いや、嘘です。 実はそんなん気にしてません、おいらはwけどまぁ、トゥルーバイパス搭載!だとかっちょいいのでやっときますw

で、R兄さんから教えてもらったこのトゥルーバイパスはクリア!いや、理解しただけで、 図無しではどえらい時間がかかりそうですがw

今後、エフェクト自作が多くなるのであれば、ここだけ作りだめってのはアリだな、と思ったんよ。昨夜やってみて、 配線タルーと思ってたのが、意外と楽しめまして、このZEN DRIVEがちゃんと完成したら作ってみたいものがちょこちょこあるので、 この部分だけ量産しておこうかな、と。

ケースも、基本部分の穴あけと塗装まではやっておいて、あとは中身に合わせて微調整ってのがオイラらしくてよいかもね。 穴あけは深夜に出来ないし、塗装も一つ一つなんてなんだかもったいないし・・・

ここで基本原則、

大は小を兼ねる!

こいつでいくかなw

幸い、床面積だけは苦労しないしw

ぐだぐだ言う前に・・・シールド作るかなw

 

posted by Leopard_FAKE at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ZenDrive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。