2009年02月27日

真空管ややこい!

6L6ファミリー
6L6G(太管でズ太いサウンド)
6L6GC
6L6WGC
6L6WXT+
5881
5881WXT
KT66(玄人好みのサウンド)


12AX7ファミリー
12AX7(米国系の呼称)
12AX7A
12AX7WA
12AX7WB
12AX7WC
12AX7LP(ロングプレート)
12AX7LPS
ロングプレートかつスパイラルヒータ
5751
(歪みすぎる場合のゲインダウンに最適)
7025
7025A
CV4004
ECC83(欧州系の呼称)
ECC83S
E83CC
ECC803(高信頼)
ECC803S(高信頼)
M8137(超レア)

もうね、なんやの、こいつらw
しかも、これで「代表的なもの」らしい・・・

真空管のタマを交換して楽しむのを欧米では「TubeRolling」とかいって文化として根付いてるらしい。日本語・・・「タマ転がし」・・・なんかヤラしい響きだわw





posted by Leopard_FAKE at 03:50| Comment(3) | Ibanez Valbee | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
にいさん! MarshallユーザとしてはEL34系を忘れんといてくださいw にしてもぱっと文字列だけ見たらレタリング試案かなと思ったw
チューブってエロいのよねー。オーディオ用のプリとかで使うチューブも部屋暗くするとなんとも灯が美しいしね。
Posted by Roi at 2009年02月27日 05:11
Leopard Fakeさん

お世話になります。ValBeeの愛用者です。
教えて頂きたきことがあり、ご多忙のところすみせんが
コメントにてご相談させて頂きたくよろしくお願い申し上げます。

ValBeeの場合、BoostのON/OFFの切り替えフットスイッチのジャックの増設は可能でしょうか。

   「本体についているBoostのON/OFFの切り替えスイッチ
    から、リード線で、増設ジャックにつなぐ」

みたな基盤自体をいじらない簡単な方法で、なんとかならないでしょうか。

私はLeopard Fakeさんのように回路に詳しくないありません、昔、「ラジオの製作」という本を見ながら、ステレオ真空管1球アンプなどを製作した経験がある程度です。

もし、比較的簡単な方法でチンネル切り替えフットスイッチジャックの増設ができる様でしたら、

  1)購入するパーツ(ジャックの種類、他コンデンサー、
    抵抗なども必要があれば)と、
  2)改造方法・回路(リード線のつなぎ方)

などを教えていただけませんか。

ご多忙のところすみませんがよろしくお願い申し上げます。


Posted by not at 2012年01月09日 02:25
notさんへ

ちょいとValbeeを引っ張り出してきて検証してみます。

しばし、お時間頂戴いたしますm(_ _)m
Posted by LeopardFake at 2012年01月11日 02:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。