2009年01月14日

衝撃の事実発覚!

で、トーン切っちゃえ!ってなわけでさくさくと分解を始め、ピックガードを裏返した瞬間、テレでおなじみの風景が!!

ST内部(1)001

黒い!ドータイドか!?

 

ST内部(1)002

あ、しっかりねじ止めされてる。

これで終わりませんよ、兄さん。

 

ST内部(1)003

写真ではわかりづらいかもしれませんが、PU裏までノイズ処理されてますよ!!こういう方法があるのは知ってましたが、 まさかツルシのギターのデフォでこんなにまで丁寧に!!!

ヒデキ感激!

ST内部(1)005

当然のようにピックガード裏は全面アルミ張り。

 

 

ST内部(1)004

ここはまぁ、いたって普通。

 

では、作業再開。

 



posted by Leopard_FAKE at 09:07| Comment(2) | TrackBack(0) | Fujigen_FGN_Strat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日この件教えていただいた時は驚きましたよー。このコストのギターでここまで丁寧にやっちゃうのがまさしくフジゲンクオリティですね!! 導電塗料どころかPG裏のアルミまで・・・・このストラトはホント大切にしたいなぁー。PU変えましょう!! もう一生もんになるはずw
Posted by Roi at 2009年01月18日 06:12
一生、フジゲンさんについていきますよ!だからもう、オクでもフジゲン一家しか注目してない(買えないけど)。

PU…まずは本でお勉強かなぁ。
Posted by a-you at 2009年01月18日 15:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。