2009年01月14日

設定煮込み定食

R兄さんに突っ込みを受けたおかげでアンプの調整も終わり、安心してZenDriveのセッティングだ〜!と息巻いたものの、 結局一晩かかりました。

まずはZenDriveをつながないで軽いクランチ状態にするんですが、 その際にはTone関係をほとんどいじらずにGainとVolで詰めていきました。

当然、Gainは0〜3くらいの間で行ったり来たり。しかし、その相方のVolがなかなか決まりません。 5くらいまで上げてGainを下げ目にすると艶のあるトーンが表現できるんですが、反比例してクランチ状態にならない・・・ ただのクリーンですわ。それだとドライブチャンネルの立場がないので試行錯誤。

ここで苦労する原因は夜中にアンプを鳴らすもんだからw、音量を上げれないこと。これにつきます。音量上げてよいなら、 こんな苦労はしませんわwww

投げ出して、「GuitarRig最高!」っていうのもシャクなのでがんばり続けました。

アンプ設定001

LED邪魔だ^^;

 

アンプ設定002

以前だとTrebleうぁ全開!のみだったんですが、 ローパスコンデンサを取り除いたおかげでハイが出るようになったんでこのような設定が可能になりました。Contuorは・・・ 6〜8までしか好きじゃないです。それ以外だと変なコモリが感じられます。ってかこのツマミ、なんか可変帯域がイメージしにくいっす。

で、以上のアンプ設定に併せてZenDriveを設定していくとこんな感じになりました。

アンプ設定003

Gain−Voice−Tone−Level です。

これも以前はVoice10、Tone10これしか無理!だったんですが、 アンプが落ち着いたおかげで全開走行以外にも幅が出せるようになりました。

ストラトのボリュームでクリーンからドライブサウンドまでコントロールできるようになり、現状、満足しております。

あ、そうそう、ZenDriveの方もコンデンサと抵抗を3箇所いじりました。 ハイが沢山出たらOKっていうアバウトな判断基準ですw

ギャレットさんから部品も届いたんでそろそろDODとかFatBoost40Vに行こうかな、ともおもいつつ、 このZenDriveのケース入れ替えも・・・

テレはトーン切ったんで問題ないのですが、ストラトはデフォのままなんで・・・ちと、いじろう。

 



posted by Leopard_FAKE at 08:38| Comment(3) | TrackBack(0) | ZenDrive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちなみにアンプ前にこっそり見えてるのはSM−57。マイクアダプタが経年劣化で折れちゃったんで、床から立てかけてます^^;痛い出費が続くわ〜。音屋で数百円なんでピックとPowerJunctionようのAC/ACアダプタと一緒に発注しますわ。
Posted by a-you at 2009年01月14日 08:41
コツコツと良い仕事されてますねー!! うーん刺激を受けるな!
パーツを吟味して好きな音象に近づけるのが自作の醍醐味。ZENもアンプもつまみの設定がナチュラルになってきてますねー。是非音色も聴かせてくださいな。
音屋のPJで使えるAC/AC、まったく問題無く使えてしかね格安だからいいですよね。
Posted by Roi at 2009年01月18日 06:08
あ、…買い忘れたままだ…家の中にAC/AC転がってないかしら…

音楽PCの場所、移動させないと、どうしても即録音!ってなわけにはいかんなぁ…
Posted by a-you at 2009年01月18日 15:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。