2010年05月30日

イングランド戦

ええ試合する予感。

先に言っておかないとねw


posted by Leopard_FAKE at 21:10| Comment(0) | 観るフトバル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

FFx2

posted by Leopard_FAKE at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Fuzz Face MOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

超勃起(2)

R兄さんから前々から作ってみたらとオススメだった「SuperHardOn」です。

部品点数も少ないので、チャレンジミニミニサイズ!ってなわけで調子に乗っちゃいましたw

まぁ、たまたまマルツでちっちゃいハモンドのケースを見つけたからなんですけどね。

兄さんの助言により、各種定数なんかも決定したのでさぁ作ろう!

SHO1作目_01.jpg

うちでは初登場の「ストリップボード」を使用しての作製です。

どうもねぇ、蛇の目のハンドワイヤリングが好きになれなくって^^;

アメリカなんかではこいつも一般的みたいで、ネット上に色々な回路がアップされてます。

SHO1作目_02.jpg

どうしても最短コースを行くわけではないので大柄になりがちな方法なんですが、さすがにSHOはこれだけのサイズです(6X10)

SHO1作目_03.jpg

カッターで切れ目を入れてからどうやって必要部分だけ切りだそうかと思ってましたが、ニッパーで一度カチンとやったらバラけましたw

SHO1作目_04.jpg

一応、サイズ確認。

その後、配線も面倒だし、どうせ気に入ったら踏みっぱなしだろう、ってことでSWも交換してDPDTにてLED無しのTrueBypass仕様です。ま、軽く言えば手抜きと在庫整理ですw

SHO1作目_05.jpg

ストリップ状の赤い二重丸は何かと思って他の回路図なんかと見比べてみると、どうやらそこで途切れてるみたい。ってんで彫刻刀で切り分けました。カッターでも軽くいけそうですよ。

SHO1作目_06.jpg

さぁ、十分な調査と下準備が終わったんでハンダ付けでGO!

基板作成はスムース。20分ほどでしたね。ストリップボード、こりゃいいわ!!

SHO1作目_08.jpg

今回も恐ろしいのが「配線」ですわ。もうね、鬼門。しっかり落ち着いて基板作ってもそこで足踏み確定。しかも今回はミニミニサイズで…

手順を最後までシミュして、約2時間w

単線が固いので完成してからエイヤッとケース内に閉じ込めることができないのが目にみえていたので、ちょい神経質なまでに考えながらトライしましたよ。

SHO1作目_09.jpg

うわ、GAINへの三本のラインをわざわざフランス国旗(自由・平等・博愛)に合わせたのに見えない!!!

SHO1作目_10.jpg

真上からだと余計に見えんがな!?

おいらには限界の技です。

         

SHO1作目_11.jpg

えー。今回犠牲になったBS170君です。原因は配線ミスでGND、9V、Inputをすべて逆に配線したことによる「ぶっ飛び!」でした。ア~メン。

基板を裏から見ながら配線したのが間違いの主原因ですかね。

で、さっそく試奏。

…つまらんわw

単独では。

よし、FuzzFace6970Siにつないでみちゃれ!

…SHOをオンしたらノイズが醜いぞ!?

あれ、さっきは大丈夫だったのになぁ。

あ、FuzzFaceをオフったらノイズも消えた…

相性悪い!???? えー、使えなーい!

フジゲンST>SHO>FF6970Si>Podfarm(WIN)

これがイカンの??

よし、エフェクトの接続順を逆にしちゃれ!

   

キターーーーー!!!!!

 

うわーい、艶っぽさがプラスされる!そして、フルVolでもモコモコ低音に悩まされないぞ!!!

結論)FootSWすら不要だったかも。とにかくすごい!ただのクリーンブースト、されど…です。

ネットで価格を見たら…42800円。うーん、確かに(自分が払えるかは度外視して)それくらいの値打ちはあるかも。本物もGain回すとノイズ吐きまくりみたいだし,LED無し、落書きまでされてるんですがね。

 

SHO1作目_12.jpg

余分な穴が二つも開いてるので早急にステッカーを作成して貼っちゃいましょう。

いやぁ、この二つは苦労が報われましたわ。

R兄さん、その他ネットの世界の欧米の方たち、ありがとうございました!!

  音源追加♪
posted by Leopard_FAKE at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | SuperHardOn | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

一旦完成FuzzFace

一旦完成FuzzFace_01.jpg

併行していろいろな作業をやりながらですが,一応想定していた範囲でのFuzzFaceは完成です。

GGGのこのページにあるシリコンバージョンを作り、基板の動作確認を終わった上で、Late 60'sの「BIAS」を追加し、確認。さらに「Contuor」も追加。さらにさらに10Kトリムも外に出しました。

一旦完成FuzzFace_03.jpg

ちっさいケース…配線にいらいらしますね!

一旦完成FuzzFace_04.jpg

真ん中の黒つまみが10Kトリムです。ギターを持ち替えたらここを調整する機会が増えるな,と思って外に出しましたが、実際のところどうなんでしょうかね?

電池スペースもあるんで、9Vコネクタも入れておこうかしら?電池によっても色々…とか怖いこと聞きますしねぇ。

まだトランジスタ交換とかの実験をしてないのは…基板チェックの際に気づいたトランジスタの足の間違いをすぐに試してみたくて直付けしちゃったからです^^;

もう一枚、基板は完成してるしケースも用意できてるんで、「’70バージョン」も作ってみようかしら。

何度か試奏してるんですが、最初に音が鳴った時の輝きが薄れてきてるような気がします(MODする前の時点で)

何が変わったんだろ?エージングで好まない方向になっちゃった???

音源追加
posted by Leopard_FAKE at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Fuzz Face MOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケース入れ替え…

壊滅DOD!_01.jpg

長らく使用していたタッパーとおさらばしてなお一層の活躍を期待するDODです。

壊滅DOD!_02.jpg

基板テストのまま流れで試作用タッパーに住みついていましたが、いま見ても配線がごっちゃごちゃ。

配線後もなかなか音が出ず苦労した記憶があります。

その時は結局、基板そのものっていうよりも、基板への配線がしっかりと半田されていなかったのが最終結論だったような。

 

壊滅DOD!_03.jpg

ついでに無用なMODはデフォに戻すべし!三連のコンデンサの右端の0.22μF以外は不要。切り替えても線が細くなっていくだけでした。

 

壊滅DOD!_04.jpg

で、入れ替えたんですが、鳴らないのよwww

ま、お約束ですよねw

単線のラインはハンダ付けする際の予備ハンダがいらないのと皮むきが楽なんで好きなんですが、いかんせん固い!柔らかい単線ラインってありませんかねぇ?

基板自体は間違ってないのが分かってるんで、ボチボチ再配線していきましょうかね。

気が遠くなるような作業だ。

しかし、気に入ってるエフェクトなんで頑張りますわ。

いざとなったらもう一回作りなおしますw

posted by Leopard_FAKE at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Landgraff_DOD_MOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超勃起!(1)

なんつータイトルw

前回の記事から早1年と4ヶ月ほど経ちまして、ようやく再開のプロジェクトです。

その間に、SHO用に用意された部品は様々なものに転用され、ほとんどイチから集めなおしですw

2010年5月4日作業_04.jpg

いきなり完成!

…ではなく、ちびさいケースに仮入れしてみただけで、まだ基板すら作ってませんwww

2010年5月4日作業_01.jpg

2010年5月4日作業_03.jpg

下ブタが閉まらなかったけど,ケース側をちょちょいとヤスリで削ったら問題なく閉まりましたよ。ちょっとだけ冷や汗でした。

まだちょっと可変抵抗の定数が決めれてないので…いや、それでも基板だけは今晩中に作っておきたいな。(勢いのあるうちに)

これ、基板よりもワイヤリングの方が時間かかりそうですよねw

posted by Leopard_FAKE at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | SuperHardOn | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

穴開けつまんな〜い3)

2010年5月4日作業_06.jpg

ちょうどリバプール・チェルシー戦が終わったくらいに夕食も終わり眠くなってきた頃に知人から電話があり,長電話になりそうな予感がしたのでw、穴開け作業その2「リーマで拡大」をやっちゃいましたよ。

これが一番肉体的にきついかも。

コンプくんも入れてやろう。

2010年5月4日作業_05.jpg

FootSWは…まだもったいないから、ただの箱詰めだけw

ミニミニサイズのSHOは仮詰めした。

まだFuzzFaceはこの状態。

2010年5月4日作業_02.jpg

DODもFuzzFaceもやっちゃいたいなぁ。

一晩あれば結構出来そうですよね。

posted by Leopard_FAKE at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作エフェクタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

穴開けつまんな〜い2)

ちとタバコを吸いながら、段取りを。

FuzzFace_39.jpg

あ、穴開けポンチくん、オートポンチだからトンカチは不要です。抑えつけるだけでバチンッ!と印を入れてくれます。PowerJunction2で使ったアルミケースなんて凹むくらいの力です。

FuzzFace_41.jpg

FuzzFace_43.jpg

下穴を3〜3.5ミリであけておいて、6ミリで拡大、その後は…人力リーマで部品合わせです。

基本的にケガキは…適当w

ケガキ線があるものは、少しだけ気合いが入ってるモノ。大抵は目分量で×印を入れるだけwww

同じようなケースではもっとひどいです。

FuzzFace_44.jpg

こいつなんかをテンプレートにして、

FuzzFace_45.jpg

コピーw

FuzzFace_46.jpgFuzzFace_48.jpg

結局、6ミリまで開け終わるまでに2時間ほど。

 

FuzzFace_49.jpg

カレー作って食いながらリバプール・チェルシー戦を観て、気が向いたらリーマで格闘予定。

posted by Leopard_FAKE at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作エフェクタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

穴開けつまんな〜い(1)

FuzzFace_32.jpg

どんだけ仕事たまってんねんw

 

@ランドのDODの組み入れ&手直し

無用なツマミとかを除去してツマミとかも交換

 

AZenの縦配置への変換 

FuzzFace_36.jpg

横長は邪魔だわ

B自作キットのコンプの入れなおし

FuzzFace_33.jpg

SWとかLEDとかも取り付けてないのよね

作ってから18年くらい経過 動作確認済み

 

C自作トレモロの入れなおし

FuzzFace_34.jpg

FuzzFace_35.jpg

Cloursoundのトレモロのコピー機

外部ペダルでスピード変更をリアルタイムで可能

 

D自作エフェクトの動作確認用ケースの作製

配線関係でのミス多発なんで、切り分け用に

Eまだ作ってもいないSHOのためのちびケース

穴だけ開けておこうw

FGFuzzFaceのためのケース作製

これが主役ですわな。ツマミは4つ分開けておく

 

気が遠くなるような作業量だわ・・・

FuzzFace_42.jpg

行列ができてますwww

posted by Leopard_FAKE at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作エフェクタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fuzz Face(4)

FuzzFace_02.jpg

在庫確認しとかなくっちゃ!

FuzzFace_03.jpg

FuzzFace_04.jpg

FuzzFace_05.jpg

今となってはよく分からない数字の羅列っw

 

FuzzFace_12.jpg

うちにあるテスターではhFE測定できないので新たに購入。デジットにもシリコンハウスにも手頃なヤツが無かった。ヤフオクだと…480円であるぞwww 1100円とかでもある・・・

をい、日本橋の部品屋ってどうなのよ??

こいつはここ1年くらい?でできた新しいお店で購入しました。いわゆるでんでんタウンの南側のマクドの前らへんです。

FuzzFace_22.jpg

でも…3300円もしたよ!!!

(直後、千石で3000円のを発見してションボリ)

 

FuzzFace_21.jpg

FuzzFace_28.jpg

字、間違ってるような…

FuzzFace_29.jpg

FuzzFace_30.jpg

失敗ばっかするから大量消費w

しかし! どれだけ買い物をしても…

ケースに穴は開きませんw

 

posted by Leopard_FAKE at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Fuzz Face MOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fuzz Face(3)

原因判明!

GGGのやつ、シリコンTrバージョンでも、トランジスタの足がPNPじゃんか!

シリコンだったらNPNだと疑いもしなかったよ…

ちなみに気づいたのが二枚目の基板作成後。

二枚目でも同じように動作しなかったんで、根源的になにか大きな勘違いがあるのではないかと。

足をねじってつなぎ変えたら…鳴りました!

5月2日から作り始めて…あ、次の日には解決してたか。

ここから試奏し始めて数時間。

@バイアスとかコンツァーも欲しいな。

A10Kトリムもギターごとに設定を変えなくちゃならんぞ。

BシリコンTrでも交換すれば違いがあるだろ。

Cいや、ケースに入れろよw

よっしゃ、日本橋行くぞ!

 

posted by Leopard_FAKE at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Fuzz Face MOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fuzz Face(2)

FuzzFace_13.jpg

FuzzFace_18.jpg

基板へのハンダ付けは1時間くらい。色々確認しながらなんで遅いですねぇ^^;

で、この日の晩は…動作せず…

地獄のようなデバック作業へ…

実は写真には残してませんが、最初の段階で様々なMODを施してました。

@シリコンTrの使用 ゲルマ高いやんか

A69のようなコンツァーとバイアスの追加

Bそれらに伴う各部品の定数変更

が、鳴らなかったので、一つずつシリコン仕様の原型に戻していって、限界までシンプルになったのが上の写真。

それでも鳴らない…

こんなシンプルなエフェクターで鳴らなくなるほどボケが進行したのか!?

 

posted by Leopard_FAKE at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Fuzz Face MOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fuzz Face(1)

FuzzFace_06.jpg

白い粉…

FuzzFace_07.jpg

FuzzFace_09.jpg

FuzzFace_08.jpg

GGGにあった基本形のヤツです。様々なMOD派生型に対応出来て便利ですね。合計三枚作製。あ、1枚だけまだ穴開けができてません。

初めて日光での感光を行いましたが、蛍光灯に比べて短時間でくっきりできてよかったです。

ここまでで2時間くらいかかってるような…

posted by Leopard_FAKE at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Fuzz Face MOD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。